読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム博士の日記

ゲーム博士に意味はないよ。アドベンチャーゲーム、ソーシャルゲームの感想だったり、考察を書いていくよ

G線上の魔王 プレイ日記 part5

前記事

gamehakase.hatenablog.com

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

放課後、栄一の家でパーティーをする予定だったが、宇佐美はバイト、椿姫は広明のことで忙しく結局お開きになった。

京介は、今までの椿姫よりも、最近の椿姫のほうが心を許せる気がしていた。

帰路につきながらも、京介は椿姫との会話に夢中になっていた。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

f:id:kouhei1994127:20160914234929p:plain

椿姫の家に行くと、着飾っている椿姫がいた。

浮かれた表情ではあるが、若干やつれていて、どこかうつろだった。

 

椿姫 「はーあ、もう、日記なんてやめようかな。いまどきないよね、日記が趣味とか。どう思うかな?」

 

あー、なんかほほえましいって感じじゃなくなってきてしまいましたね。

京介が止めるかと思いきや、むしろこっちのほうがいいや、どんどんけがしてやるって感じですし、家族との距離も開いてしまうのでは?

恋人よりも家族優先って感じも今はしませんし・・・

止めてぇえええ、だれかとめてぇえー

 

駅周辺でばったり、宇佐美と会い・・・

f:id:kouhei1994127:20160915000035p:plain

 

椿姫 「なんか、やだよハルちゃん。いろいろ手伝ってくれたのはわかるけど、結局ハルちゃんは何も解決してくれなかったじゃない?」

 

俺に従順な椿姫、気持ちを切り替えて、椿姫を遊ぼう

 

京介は、秘書がほしいと考えていた。自分に従順で椿姫はうってつけの人材として、明日仕事を手伝ってほしいとまくし立てるようにいい、たとえ授業中でも俺の電話には出るようにと約束させた。

京介はこの態度をみて、満足するのであった・・・・

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

次の日の早朝、広明を保育園へ送る途中で、京介から連絡があり、一人で広明を保育編へ向かわせ、京介のもとへと向かった。

f:id:kouhei1994127:20160915001532p:plain

 

京介 (いままでのまじめで常識的な学園性の椿姫では困る)

   (悪徳宗教の教祖と信者のような関係こそ望ましい)

 

あー京介には一切恋愛感情ないですね。利用する気満々って感じですね。

椿姫を自分好みに作り変えるみたいな

 

椿姫に自分の過去を語り始めた。

父親が作った借金のせいで、転々と場所を変えながら生活をしていた時のことを話した。

 

椿姫に書類の整理を頼み、自分も仕事に入る。

昼に広明を迎えに行く約束をしていたが、それでも仕事を優先してやってくれる椿姫に満足していた。

 

帰りは椿姫を家まで送り届けた。

 

椿姫と二日も遊んだ。

椿姫に二日も費やしたというべきか。

たいして興味もない女にだ。

ただ、こいつが俺に従順だというのなら、この先何かと利用する価値はありそうだな。

ここんところ無駄に時間を奪われたわけだし、帰すものをかえしてもらわなきゃな。

 

椿姫は学校にも行かなくなり、京介の秘書として活動していく・・・

BAD END

はい、お疲れ様でした。

このルートは、京介が最後まで、椿姫をあくまで利用価値のある女として突き通したルートって感じですね。

後味が特別悪いってこともないですね。

宇佐美も後半手を出せなくなって、この関係性を改善する手を打つこともできなかったみたいですね。

京介は京介で、椿姫を穢すのが楽しくて楽しくてしょうがないし、椿姫は魔王こと京介に依存してしまうが、お互いWIN-WINと言えなくもないような気もします。

さて、気を取り直して正規ルートを目指しましょう。

どこからやり直せばいいのやら・・・

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

京介は忘れていった日記帳を届けるために、椿姫の家に向かった。

 

椿姫は、京介から借金の話を聞き、いろんな思いが交差し息苦しくなってきた。

そんなことを考えていると、椿姫の悩みそのものの広明が現れた。

昼間に迎えに行かなかった自分のことをすっかり忘れ、鬱積した感情が押し寄せてきた、

 

かわいい弟だと思って、なんでもいうことを聞いていたのは間違いだった。

椿姫は心に蓋を落とすつもりだった。魔王によって開かれた黒い門を閉ざそうと・・・

だが、弟の様子をみてそれを抑えることができなかった

 

広明に手を挙げてしまった

 

真面目でしっかり者の椿姫は完全に壊れてしまった。

 

 

f:id:kouhei1994127:20160915011819p:plain

 

 

 

なぜ、泣かないのか。何が、そんなに楽しいのか。どうして疑わない、恨まない、泣かない?あからさまないじめではないか。遊んでやっているんじゃない。いうことを聞かない子供をヒステリックに叱っているのだ。私はお前が嫌いだ。無垢で、無知で人を疑うことを知らないお前が、憎らしい・・・!

 

 

椿姫は悟った。

弟は己を愛してくれる人だけを瞳に移して育った。これまで限りない愛情を与えていた姉が、自分を脅かすはずがないと信じ切っているのだ。

まるで鏡のようだった。

f:id:kouhei1994127:20160915012424p:plain

 

京介はそんな一部始終を目撃していた。

椿姫の弟はやはり、椿姫の弟なのだと納得した。

そんな二人を見て、椿姫の人柄を気に入らないのではなく、あこがれていたのではないか、幼稚に嫉妬していたのではないか、そんなことに気が付くのであった。

だから壊したかった。

・・・くそ。 関わり合いになるんじゃなかった。

 

私はこれでいいんだね、広明

誰も疑わないし、お金にも興味ないし、恋愛にも消極的

それでも、私にはたくさんの家族がいるもんね。お父さんが買ってくれたダサイコート着るし、みんなが繁華街で遊んでいるときに、私は公園で広明と缶けりするの

それで、いいだよね

ね、広明・・・?

 

京介は、この後の仕事のことも忘れ、その場に呆然としていた。

もうかかわるのはやめておこう。

椿姫を助手にするのもやめだ。

帰路に帰るのであった。

 

おお! またバッドエンドになるかと思いきや

椿姫あっての、あの広明なんですね!

京介も自分の感情を認めたし、一気に正常な関係に戻れそうな予感!

BGMがよかったですね。

椿姫は椿姫ですべて出し切ったようだし、今まで以上に家族を大事にできそうな展開です。

さて、この調子でエンディングまで行きたいものですが・・・

やっていきましょう!

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

京介が自宅に帰ると、宇佐美が家を訪ねてきた。

 

宇佐美が訪ねてきましたね。そしてここでも今まで聞いたことのないBGMが流れております。実は家がご近所とのことで、用事もないのに訪ねてくるとは・・・どうなるんでしょうか

っていうか、2章って椿姫のバッドエンディングを回避すると3章に行けるみたいな感じなんですかね? 

気になるところですが、今回はここまでで!

それでは、ばいばい!

 

前記事

gamehakase.hatenablog.com